エクセル プルダウンメニュー 作成。 【超簡単】エクセルでプルダウン(ドロップダウンリスト)を作る方法

Excelでドロップダウンリスト(プルダウンメニュー)を作る: 小粋空間

すべてクリアでデータの入力規則 プルダウンリスト が解除されます。 つまり、何も入力や選択をしない場合は最初に設定された 書式のままになり、何かをした場合のみ指定したスタイルに切り替わって、 そのスタイルで表示されるようになるということです。 3.リストの値を設定 「データの入力規則」ウィンドウの「設定」タブ、入力値の種類項目で「リスト」を選択します。 microsoft. microsoft. 「データの入力規則」ウィンドウの「設定」タブをクリックして選ぶ 「データの入力規則」ボタンを選んだら 「データの入力規則」ウィンドウが 出てきます。 ここまでの設定を覚えれば問題はないのですが、なぜこんな関数を使うの?と思った方もいると思います。 プルダウンリストを作ることは できましたでしょうか? プルダウンリストを使えば 入力ミスの予防対策にもなりますので 活用していきましょう。 考え方• まずは1つ目の「ユニット(職種)」リスト。

Next

プルダウンリストを作成する|エクセル(Excel)の使い方

xlsx) キャリアHUB編集部. 是非業務で活用してください。 新着記事で探す• 「ドロップダウンリストから選択する」にチェックが入っていることを確認し、 「元の値」にプルダウンで選択したいリストを入力します。 プルダウンを利用するメリット リストから選択するだけなのでマウス操作だけで入力が進み作業が楽になります。 しかし、 リストに新しい項目を追加したり、データを編集したりするには、どのように操作すればいいか、分かりますか? 【 エクセル時短】第117回では、前任者からExcelファイルを引き継いだときに発生しがちな、既存のドロップダウンリストの項目を追加・編集する方法を2つ紹介します。 使い方次第で、業務効率の改善にもつながります。 「名前の定義」とは、特定のセル範囲に名前をつけることができる機能で、その「名前」が関数の引数などに使えたりするのです。

Next

ワードでプルダウン項目を作りたい

次に、「担当者」欄では、選んだユニットによって、そのユニットに所属する個人名がプルダウンリストに出てくるようにします。 保護して印刷プレビューで 確認してみれば、その違いを理解できると思います。 「データ」タブをクリックして選ぶ• セルの値を指定する 次に、リストの値にすでにセルに入力されている値を指定する方法をご紹介します。 エクセルで プルダウン(正式名称:ドロップダウンリスト)を設定・編集・解除する方法をご紹介します。 入力規則を設定したいセルをドラッグし、 「データの入力規則」をクリックします。

Next

【エクセル時短】ドロップダウンリストの項目を追加・編集するには? 元の作成方法に合わせて対処しよう

ワードなどと違ってA. 2.1列全てコピーしたい場合。 例えば、以下のような活用法があります。 同様の手順にて、フォントやセルの枠を変更することもできます。 それでは、プルダウンメニューの作成手順についてご紹介します。 こうすることで、非表示のシートのデータからプルダウンが作成されることが確認できます。 「データの入力規則」にてリストを設定することで、プルダウンを簡単に設定することができます。 あとは、隠し文字が通常は表示されるようにして、印刷時のに隠し文字が 印刷されないように設定しておけば済みます。

Next

エクセルで「プルダウンメニュー作成」についての質問です。プル...

microsoft. 色・枠などの書式設定で見やすくする プルダウンの項目に色をつけることによって、例えば進捗状況などを分かりやすく表示することが出来ます。 「入力値の種類」で「リスト」を選択• プルダウンを設定したいセルにカーソルを置き、 「データの入力規則」にて 「元の値」にカーソルを置きます。 なぜなら、 エクセルは全く同じ入力をしないと同じものと判断してくれません。 1.範囲の選択 プルダウンメニューを作成したい範囲を選択します。 Excel でのプルダウンメニューを作成するうえで、とても見栄えがよくなりますのでご紹介します。

Next

Excel(エクセル)でプルダウンリストを作成する方法

dti. 次に、2つ目の「担当者」リストは、「ユニット」のリストの数だけ「名前」を設定します。 数式の場合は、範囲設定をドラッグし直すことで編集できます。 以上が、プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)の作成方法です。 その中から項目を選択すれば、毎回手打ちすることなくセルに文字列を入力することができます。 「設定」タブの「入力値の種類」で「リスト」を選択• 使い方次第で、業務効率の改善にもつながります。

Next

プロのエクセル活用術「プルダウン」作成・活用術【サンプル付】

次に、入力する別シートを開き、 「データの入力規則」にて 「リスト」を選択します。 選択した範囲の値でプルダウンメニューが作成されました。 プルダウンの設定 プルダウンを設定したいセルにカーソルを置き、データタブ内にある「データの入力規則」をクリックします。 続いて、覚えておくと便利な応用編をご紹介します。 思ったより簡単な設定でできるので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

Next

【超簡単】エクセルでプルダウン(ドロップダウンリスト)を作る方法

________________________________________ エクセルに限らずビジネススキル全般を高めたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセル初心者に向けた本を5冊厳選して紹介してみました。 プルダウンで入力されたデータを他のセルに連動させる 住所を入力して、名簿や店舗リストなどを作るときに便利な方法です。 次のいずれかであるはずです。 便利だなー。 前回も紹介しましたが、「名前」機能の便利なところは、 タイトルの入力をすることなく勝手に名前をつけてくれるところです。

Next