約束のネバーランド ネタバレ エマ鬼。 【約束のネバーランド】「鬼」の正体が明らかに!?【ネタバレ】

約束のネバーランドのエマ鬼説が確定?耳や髪型や性格に正体の秘密が!?

しかし、家族が笑顔になることはないだろうし、エマも家族の安全を喜ぶことはできない。 運動神経も抜群という設定もありますが、 なんせ相手は鬼 バケモノ なんで・・・笑 しかもエマは脱獄させた子供達を誰一人死なせていません。 」と聞きます。 まさに、人間たちはラートリー家の犠牲の上で平和が保たれているということですね。 実は外の世界は鬼の世界だった もうありすぎて書き出しきれませんね。 ママだって諦めたくなかったし、逃げたかったのです。

Next

約束のネバーランド【最終刊20巻】ネタバレ感想!無料で読む方法はコレ!

そして最期に、 全員に向かって愛してるわ、と呟く。 エマたちはムジカとソンジュに別れを告げ、人間の世界へ旅立ちました。 」というヴィンセント。 レイ「つらかっただろう?ごめんな。 このままめでたしめでたしとなる流れではなかったし、当然と言えば当然なのかな。 と思ってしまいます。

Next

約束のネバーランド【第122話】本心のネタバレ!鬼を殺したくないエマ|漫画市民

スポーツや音楽の専門チャンネルも見放題!• 私の肉だ。 人間サイド:ラートリー家が人間と鬼の世界の門番になること 「鬼のボス」は、鬼サイドからは王たちが1番望んでいるはずの 1番美味しい人肉をとりあげました。 鬼すら殺したくなくなかったエマが、最上級の人肉を食べる立ち場になるというのはかなり皮肉な話ですよね。 名誉ある一族の崇高な使命という盲信にがんじがらめになるピーター。 エマの異変を感じ取ったソンジュが 「どうした?」と問いかけますが、エマは 「なんでもない」と自分の気持ちを明かしませんでした。

Next

約束のネバーランド 最新176話 ネタバレ感想 ママ、貫かれる

鬼の爪が外れ、イザベラが倒れます。 今ここで食らいつくしてやる!」 逃げる子供たちに爪を伸ばして襲い掛かる鬼。 あまりに都合の良い展開だとは思いつつ、もしかすると人間の世界はこれまでの世界より厳しいものなのかもしれません。 ムジカは友として、この世界の王として食用児の出発を見届けたかったのです。 レイやノーマンも「ごほうび」の内容が気になるのか、心配そうな表情でエマを見つめています。 レイは違う方向を見ていて全く気付いていません。 ここまでは飛躍した妄想ですが、人間の世界がエマたちがいる世界と変わらないという事はもっと過酷な現状で悲惨な戦いがエマたちに待ち受けているという事は間違い無いでしょう! そんな言葉に兄がやろうしていた真意に気づき始めるピーター。

Next

約束のネバーランド 最新第180話きみのすべてネタバレ含む感想と考察。エマが鬼の首領からもちかけられた”代償”の真相とは。

それとも、この後に鬼が登場することを示唆しているだけでしょうか? 指が6本ある(7巻表紙) そして、極めつけなのが、 7巻の表紙のエマの左手の指が6本あるということです。 七つの壁を越えた先にいる鬼のトップはどういう存在なのか?• では、一体「ごほうび」の内容は何なのでしょうか? 何を代償に「約束」を履行するのでしょうか? 皆がエマの答えに注目する中、エマは「あのお方」と「約束」を結びなおした時のことを語り始めました。 根絶やしにはしたくないよな。 エマが生まれてきたときの設定については何も触れられていないので、十分ありえますね。 エマはヴィダを持ち、この水を使って「あのお方」に「約束」の履行の意思を伝えれば人間世界に行くことが出来ると皆に伝えました。 誰も死なせない決断をしているのはいつもエマなので、エマは知能的にも強すぎますよね。 ラムダの皆を救う突破口として、アジトでアンナたちがアダムの体を調べてくれていました。

Next

約束のネバーランドの鬼の正体とは?7つの壁など伏線を考察してみた

解約はわずか1分でできるのも手間がなく魅力。 ママもそうなのかとも考えて、敵だから倒さなきゃと思うようになりました。 続けてイザベラはごめんね、と声を絞り出します。 次回が待ち遠しい。 この世界は戦時中でも大きな汚染などもない。

Next

【約束のネバーランド】エマの正体が「鬼」説と「ごほうび」の関係について

そこでいよいよエマの差し出す対価が明らかになると思います。 この設定スゴいですよね。 それぞれが手をつなぎ、先頭にいるエマとフィルの目の前には「あのお方」が…。 」と涙目で本音を語り始めるエマ。 ある程度物語を読み進めてから、改めてこの第一話を読み返した時、 「鬼」という単語や、 「食ってやる」というセリフが意味しているものが、最初に読んだ時とは違って感じられるはずです。

Next